アッバス氏、衆参議長と会談(時事通信)

 パレスチナ自治政府のアッバス議長は9日、横路孝弘衆院議長を国会内に表敬訪問した。横路氏が「(イスラエルとの)和平プロセスの停滞に懸念を持っている。日本としてさまざまな面で協力したい」と述べたのに対し、アッバス氏は「和平プロセスやパレスチナの発展に向けた日本側の支援を高く評価する」と応じた。
 アッバス議長はこの後、江田五月参院議長とも会談した。 

【関連ニュース】
イスラエルの入植凍結で一致=日・パレスチナ首脳会談
パレスチナ議長が広島訪問=原爆資料館で核廃絶訴え
パレスチナ議長、7日に来日
パレスチナ議長、原爆資料館へ=広島市
「平和と繁栄の回廊」継続を=対イスラエル圧力強化も

東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)
「残念で仕方がない」=大森さんの高校で緊急集会−宮城・石巻市(時事通信)
雪でスリップの車はみ出し正面衝突、2人死亡(読売新聞)
<新日鉄名古屋>高アルカリ水漏出の疑いで家宅捜索(毎日新聞)
<内閣府世論調査>殺人の時効 25年は「短い」が過半数に(毎日新聞)
[PR]
by hdmbwqbu6r | 2010-02-14 17:42
←menuへ