<名古屋市役所>帝冠様式の本庁舎「国重文」目指し調査着手(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は15日、市役所本庁舎の国の重要文化財指定を目指し、調査を開始したことを明らかにした。同市長は「正庁でダンスパーティーをしたり、屋上を屋台村にして手羽先でも販売したらいい」と述べ市民に開放する考えを示した。

 1933年建設の本庁舎は、鉄筋コンクリートの現代建築に瓦屋根をかぶせた帝冠様式。高さ53メートルの中央塔の上に2層の屋根があり、頂には名古屋らしく四方にらみのしゃちが乗る。格調高い貴賓室や正庁、大理石の玄関ホールなど見どころが多く、ドラマや映画のロケにも使用されている。

 市は重文指定の審査に向け、建築当初から残る部材や改築状況、建築史上の価値などの学術調査に着手。調査には数年を要する見通しだ。河村市長は「重要文化財の中で仕事するというのはなかなかない。市民のみなさんにも活用してもらいたい」と意気込んでいる。【高橋恵子】

自宅で大麻栽培=ベトナム人を逮捕―兵庫県警(時事通信)
<密航助長>容疑者を逮捕…タイから移送 千葉県警(毎日新聞)
「1−0でも勝ちは勝ち」(産経新聞)
外注費に仮装し消費税1億円脱税、社長ら逮捕 大阪地検特捜部 (産経新聞)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
[PR]
by hdmbwqbu6r | 2010-06-18 20:08
←menuへ