清瀬中2女子自殺 「学校で何かあった…」両親、言葉詰まらせ(産経新聞)

 「簡単に自殺なんてしない。学校やクラスに何かあったのだと思う」

 自殺した東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒の両親は3日、取材に応じ、市教委や学校に真相究明を求めた。

 両親によると、女子生徒の言動に変わった様子はなかったという。自殺直前の週末も家族とバンクーバー五輪をテレビ観戦した。女子生徒は「モーグルをやってみたい」などと楽しげに話していたという。

 “予兆”がない中で自ら命を絶った愛娘。父親(52)は当初、「家庭が原因で自殺してしまったのかと思った」と自責の念にかられた。だが、自殺から約1週間が経ち、遺品の中から見つかった遺書には、いじめをほのめかす内容がつづられていた。

 絵が好きで「将来は絵の勉強をしたい」と両親に夢を語っていたという。遺書の裏にも、マンガのイラストが書き込まれていた。

 手書きの遺書は読み取るのが難しいほど小さな文字だった。母親(53)は「文字が縮こまって…。絶望しているように見える」と言葉を詰まらせた。

【関連記事】
「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺
神戸大法科大学院でネットいじめ、処分検討 掲示板に実名「自殺に追い込め」
性的接待強要 自殺の韓国タレントがメモ
二所ノ関部屋マネジャー、首つり自殺か…
神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

高2死亡で男子生徒書類送検=アーチェリー練習、矢刺さる−重過失致死容疑・警視庁(時事通信)
婚約 「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが医師と(毎日新聞)
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
ゆるキャラ「あわじい」は3100歳 兵庫・淡路島(産経新聞)
チリ地震の揺れ、ぐるり5周=自転速度も変化−東大地震研など(時事通信)
[PR]
by hdmbwqbu6r | 2010-03-08 23:21
←menuへ